夏至も過ぎて  2018.6.22

いつかの種がこぼれて咲いている
ヒルザキツキミソウ
c0153880_00201119.jpg
c0153880_00204066.jpg

                                  ヒペリカム
5年ほど前に、さし芽で育ち、大きくなり、株も増えてきて・・・
c0153880_16454994.jpg

                              花びらを散らした後は、
                     黄色の実から赤い実になって、つやつやした実がかわいい。
c0153880_16481651.jpg








by kawasusonomiya | 2018-06-23 00:30 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kawasuso.exblog.jp/tb/29592373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asitano_kaze at 2018-06-26 18:56
何気ない足下の自然を繊細にそして鋭く切り取っておられますね。
ヒルザキツキミソウもヒペリカムも、とても新鮮にこころに響きました。
Commented by kawasusonomiya at 2018-06-27 23:09
asitanokazeさん、こんばんは。コメントをいただき、ありがとうございました。ヒルザキツキミソウや、ヒペリカムは、昔からなじみの花ではありませんが、名前を憶えて、今年も咲いているのを見かけて、その生き生きとした様子がうれしいでした。
<< 台風一過(台風20号)の タカ... 青空の下で、サカキ(榊)の花が... >>