浦の春祭り  2018.4.19  (平成30年)

毎年、4月19日は、マキノの浦にある大荒比古・鞆結神社の例祭の日
c0153880_08585644.jpg
c0153880_08592496.jpg
c0153880_08593074.jpg
c0153880_08594796.jpg
c0153880_08595320.jpg
c0153880_08595864.jpg
c0153880_09000453.jpg
c0153880_08590229.jpg
c0153880_09001206.jpg

by kawasusonomiya | 2018-04-21 09:01 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kawasuso.exblog.jp/tb/29446619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sorita-exlibris at 2018-04-21 22:32
こんばんは
コメントをするのは、初めてなのかどうかも覚えてないほどです。
大荒比古神社、実は行ってみたい場所なんです!
友人がパワースポットとだと言っていました。^^
Commented by kawasusonomiya at 2018-05-03 21:59
> sorita-exlibrisさん、こんばんは。
コメントをありがとうございました。お返事が遅くなり、すみません。
今日で、関連しているお祭りが、無事全部終わり、ほっとしています。

マキノの浦にある、大荒比古・鞆結神社をご存知だったのですか!!?
お祭りの朝、うちの人を送っていくのですが、お参りさせていただいて、とても清々しい空気に、毎春、感動しています。
杉の大木や、みずみずしい若葉のかつらの大木・・・。
樹のたたずまいと、清々しい風と、氏子さんたちが掃き清めた境内に、深呼吸して、ほんとにいいなあと感じます。
そして、わずかに残雪の残った山々と、春を迎えた、なんとものどかで、あたたかで、明るい陽ざしに包まれた、むら、田んぼや畑、知内川、土手・・・が。本当に、行ってみたいとお思いでしたら、ご連絡くださいね。JRマキノ駅から、メタセコイヤ並木を通って、ご案内してもいいと思っています。
<< 植樹したヒトツバタゴが、初めて... 春の楽しみ  2018.4.15   >>