伊吹山、サラシナショウマが、群れ咲く  2016.8.22


伊吹山に出かけた。
いろいろ、気がかりを抱えていて、ストレスが、体に良くない状況をなんとかしたくて。
猛暑続きも、体力、気力を弱らせてきていたし、
行けるかなあとも思ったが、
私は、山に入ると、自然と、いい呼吸になってきて、元気になる。

で、思い切って、用意をして、家を出たのが10時半過ぎ。
関ヶ原の、伊吹山ドライブウエイ入口から、車で上の駐車場まで上がった。

駐車場に着いて、見上げた岩の上で、出迎えてくれたのは、
サラシナショウマの白い花と、ムラサキ色の、イブキトリカブト。
c0153880_06495936.jpg
展望の良いベンチで、簡単に、昼食をとり、
登り口にあった、植物等自然保全活動グループの協力金を呼びかけるポストに、協力金を入れて、
ゆっくりと、山頂へと、歩いた。
c0153880_22282967.jpg

c0153880_22291450.jpg
c0153880_22340922.jpg
伊吹山山頂
c0153880_22352518.jpg


c0153880_22370409.jpg
c0153880_22364320.jpg
c0153880_23382370.jpg

c0153880_23391874.jpg
眼下の琵琶湖 ↓
c0153880_23441285.jpg

c0153880_06531626.jpg
c0153880_22481884.jpg


山頂は心地よい風が吹きわたり、
いつも風に揺れている、サラシナショウマをピタッと撮るタイミングが難しい・・・
c0153880_22402539.jpg

c0153880_22451178.jpg

c0153880_22460101.jpg
c0153880_22394624.jpg
c0153880_22463862.jpg





c0153880_22472926.jpg

いいなあ・・
今日は、雲も、絶えず、生まれ、流れ、変化した。

風もよかった・・・

c0153880_22490966.jpg












by kawasusonomiya | 2016-08-23 06:55 | 伊吹山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kawasuso.exblog.jp/tb/25921124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 香泉 at 2016-08-27 19:30 x
こんにちは!
伊吹山に登られたのですね!!
お写真を拝見しながら、清々しい気持ちになりました♪
サラシナショウマの向こうに広がる山々、そして青空、流れる雲。
体力、気力はご回復されたでしょうか?

虫の声が聞こえてきました。
川裾宮さまにも、秋の気配が漂っていることと思いますが、どうぞご自愛くださいますように。

Commented by kawasusonomiya at 2016-08-27 20:21
> 香泉さん
こんばんは。コメントありがとうございました♪
こちらも、窓の外に虫の音・・・クツワムシ、コオロギ、少し離れたところから鈴虫が鳴いています。
猛暑が続きましたが、ようやく、雨も少し降って・・・。

今回、伊吹山に行ってきてよかったです。昔は、もちろん伊吹山麓の上野の登山口から登り、時には、北尾根を経て、岐阜県側に降りて行ったこともありましたが、遠い思い出となりました。
サラシナショウマの花がいっぱいに広がっていて、さわやかな、ひととき、歩いているうちに、いつのまにか、いい呼吸になっていて、うれしく思いました。
片山玲子さんの「ブリキの音符」という絵本に、「呼吸のしかた」という詩のようなのがあって、好きなのですが、香泉さまは、ご存知ですか?
Commented by 香泉 at 2016-08-27 21:26 x
早速のお返事をありがとうございます。
お山には、よく登られたのでしょうか!
今回の景色からも、充分に健脚でいらっしゃると思います。

「ブリキの音符」、存じ上げなくて検索。

「呼吸のしかた」の中で・・・
クロロフィル、そのエメラルドの粒子が、ぱちぱちぱちぱち点滅しながら喉や器管をゆっくり降りてきて、やがて肺にさわる。
そして紅いルビーの粒子、ヘモグロビンに変換する。

・・・身体という宇宙にエメラルドやルビーの粒子がきらめいている。素敵な本をご紹介いただきました。ありがとうございました!!
いい呼吸になって、良かった^^
Commented by kawasusonomiya at 2016-08-30 10:43
> 香泉さん
健脚ほどでもありませんが、いろいろな山によく行けたのは、若いころのことです。
今は、草刈りや、外仕事で1万5千歩以上だった時などきつい仕事の後では、両足が痛みます。
この日は、上の駐車場から、伊吹山山頂までの短コースで、とても、ゆっくりと、植物や、眺めを楽しみつつで、歩を進めることができました。

「ブリキの音符」もし、図書館など、機会があったら、本も手に取ってみてくださいませ。
「呼吸のしかた」の出会ってくださって、うれしく思いました。大型の絵本で、絵も素敵な本です。
<< 伊吹山お花畑 晩夏の花々  2... 梅雨期の境内に、ヤブカンゾウの... >>