比叡山の谷あいのクリンソウの花  2015.5.6

この春、Fさんに案内していただいて、
比叡山の山ふもとに、毎春、咲いているという、
クリンソウの花を見に行った。
四ツ谷川沿いの山道を登っていくと、
日の当たる、さらさらと美しい小川の岸辺や、
 歩いている山道の脇で、念願のクリンソウの花に出会えた。

サクラソウ科サクラソウ属 クリンソウ
c0153880_22013235.jpg
c0153880_22010706.jpg
c0153880_22015146.jpg

上流へ行くと、クリンソウは、咲く時期には、早すぎたようで、まだ、あまり咲いていなかった。
c0153880_22023048.jpg
c0153880_22144462.jpg

フタリシズカの群生にも出会えた。
c0153880_22134777.jpg

比叡山と、クリンソウのこと

クリンソウの花は、明治時代には、比叡山を代表する花として親しまれた花であったことを初めて知った。
若いころ、比叡山は、わりと身近な山だったので、何度も歩いたが、
そのころは、クリンソウのことは知らなかった。
今回、まだ、ひっそりと、そして、たくましく、こんなに自生しているところが残っていて、
クリンソウとの出会いが とても、うれしかった。



by kawasusonomiya | 2015-06-27 22:26 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kawasuso.exblog.jp/tb/24321226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ササユリの花咲く頃に   20... 忙しかった5月の最後の日に  ... >>