<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おだやかな午後の奥琵琶湖  2012.11.25

まだ、15時半だというのに、日は西に傾いて、
湖上には、ほとんど波もなく・・


釣り人の船

c0153880_22164085.jpg


今日は、貴重な晴れの日。
朝8時から、地域の一斉清掃に出て、知内川や、百瀬川沿い、道路際のゴミ拾い。
それが終わって、帰宅すると、
近所のAさんが、手伝いに来てくれたので、
2人で、道路に面した参道入り口の大きな柿の木の下の雑草刈りや、落ち葉そうじをがんばった。

そのあと、白菜を洗って、半日干し、夕方、塩で、下漬けをした。
かぶらと、ミズナも塩漬にした。
かぶらを、そのまま、味見してみたら、甘くて、新鮮で、美味しい^^

午後、Aさんと、西浅井文化ホールまで、
「びわ湖の湖底遺跡と、塩津港遺跡」の話を聴きに行った。
上の写真は、その帰り道のびわ湖の写真。

びわ湖には、100前後の湖底遺跡がある。
湖北にも、三ツ矢千軒、西浜千軒、阿曾津千軒と呼ばれる、
ある時、村が湖底に沈んだといわれる遺跡があるという。

古代近江の、歴史、考古学専門の
林博通氏による講演。

ところが、お昼ごはんの後の、暖房が入って、暖かいホール。
おだやかな口調で、研究者のお話がはじまったのに、
うかつにも、私たちは、つい、眠ってしまった。
後半は、目覚めて、聴いていたのだけど・・・
by kawasusonomiya | 2012-11-25 22:19 | 琵琶湖の色 | Trackback | Comments(6)

センニンソウ、仙人の白ひげ?、現る  2012.11.18  

今日も、時折、晴れ間、すぐに、時雨で、
寒い日だった。

夏の終わり、白い花を咲かせていた、センニンソウ(仙人草)、
その後、実になって、
このごろ、ようやく、仙人の白ひげらしい様子に変わってきた。
c0153880_17291999.jpg




c0153880_1729326.jpg





c0153880_17293565.jpg





10月頃〈10月9日〉の様子
c0153880_1832736.jpg



c0153880_1833995.jpg

by kawasusonomiya | 2012-11-18 17:32 | つる植物 | Trackback | Comments(4)

今津浜に、 コハクチョウの家族が・・・♪  2012.11.16

16日の夕方帰宅中、今津浜の横を通りかかって、
初冠雪の伊吹山のほうを見たら、琵琶湖に来ているの渡り鳥の中に、コハクチョウが・・・♪   
c0153880_13343233.jpg


白いコハクチョウは、成鳥(親鳥・・・)
c0153880_1422286.jpg


薄グレイ色の、幼鳥(こどもたち)・・・
大きく育っている・・・



カモさんたちと、一緒に、お夕飯でしょうか・・・^^
しきりにもぐって、水草を食べている。
c0153880_1374927.jpg





コハクチョウの家族は・・・・、7羽家族のようですね^^    
伊吹山と、竹生島を背景に・・・。
c0153880_132141.jpg



荒れて初雪のふった後の、
今日の琵琶湖のおだやかさは、ほっとするひととき・・・
c0153880_22281844.jpg


                              2012.11.16 16:00前後  今津浜にて

by kawasusonomiya | 2012-11-17 14:34 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)

湖北の山に初冠雪  マキノも!  2012.11.16

11月14日、15日と、湖西、湖北は、雷、風雨で、荒れ模様つづきで、寒かった。
今朝は、冷え込んで、しばらく、雲がかかっていたが、昼前には、快晴!
青空の下、放りっぱなしの、畑に行き、腐葉土作りの場所作りや、種取り・・。
午後も、畑仕事したかったが、市役所での、会議に行く。

車に乗ると、晴れ渡って、見えてきた、山の初冠雪・・・!
まず、マキノの山々・・・赤坂山周辺を車のフロントより撮る
c0153880_229630.jpg


畑にいる頃、早く気付いて、撮っていたら、もっと、白い頂をみれただろうなあ・・・
c0153880_2292578.jpg



新旭の湖岸に出ると、琵琶湖の向こう・・・、伊吹山も初冠雪
c0153880_2294158.jpg



鈴鹿の霊仙岳も初冠雪。
c0153880_2295893.jpg




で、この日、帰りに、通りかかった今津浜で、出会ったのは・・・!?
下の写真に、ヒントがあります・・・^^
c0153880_22153632.jpg


                                  つづきは、明日、このブログで・・・お楽しみに!
by kawasusonomiya | 2012-11-16 22:17 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)

紅葉の秋    2012.11.12 

コハウチワカエデの紅葉

c0153880_2394217.jpg




ウリハダカエデ
c0153880_2311365.jpg



c0153880_23294839.jpg

シラキ
c0153880_2314795.jpg


                                      山門水源の森で

山門の四季の森のホームページ http://www.digitalsolution.co.jp/nature/yamakado/ 
by kawasusonomiya | 2012-11-13 23:18 | 山門水源の森で | Trackback | Comments(2)

キキョウの黄葉と、実   2012,11,13

明るいきいろに・・・
c0153880_21321956.jpg




c0153880_2133947.jpg



こんなところで、カマキリが、たまごを・・・。
今年は、暖冬・・・雪が少ない?
c0153880_21334463.jpg



キキョウの実、種
c0153880_21353768.jpg
c0153880_21354973.jpg

by kawasusonomiya | 2012-11-13 21:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)

さるのこしかけ  2012.11.10

随分前からの枯木を、先日、伐ってもらったのをみると、
2つもサルノコシカケが出来ていたのにおどろいた。
1つ目 上側
c0153880_2313973.jpg



その裏
c0153880_232523.jpg




2つ目 上側
c0153880_2331882.jpg



その裏
c0153880_2334359.jpg




別の樹に出来ているサルノコシカケ。
かたく、しっかりしている。きのこと思えないくらい・・・
c0153880_235242.jpg




c0153880_2355250.jpg

by kawasusonomiya | 2012-11-10 20:38 | 植物 | Trackback | Comments(2)

サカキ(榊)の葉裏にいた、ウラギンシジミ・・・  2012.11.2

3日の秋祭の前日、雨上がりに、祭事で使う榊を採っていたとき、
榊の枝の葉裏に、ウラギンシジミがいた。
c0153880_1952797.jpg

雨宿りしていたのだろう・・・
触覚も、翅(はね)の中に入れて、目だけ出ている。
ピタッと、翅を閉じ、じっとしている。
c0153880_2382031.jpg




c0153880_238393.jpg


この枝は、使うので、そっと、翅を持って、地面に移すと、
私の手に、すこし、銀粉がついた。

やさしい陽光がさしだし・・・、ウラギンシジミは、翅をひろげだした・・♪
c0153880_239837.jpg



きれいなウラギンシジミの雌蝶だ・・・^^
最近、成虫になったのだろうな。
c0153880_2310359.jpg





c0153880_19322331.jpg





c0153880_23143119.jpg

                                                   唐崎神社境内で
秋になって、ウラギンシジミは活発な様子をよく見かけた。
オレンジ色に模様のある雄蝶も見かけたし、
雄蝶、雌蝶が、くるくる飛び交いながら、飛んでいるのも見かけた。

このチョウは、成虫のまま、冬を越すといわれてる。
春まで、無事、元気で・・・


                                    
by kawasusonomiya | 2012-11-06 19:19 | 昆虫、魚、生物 | Trackback | Comments(2)

オガタマノキの実  2012.11.2

ゆうべから、天気は、荒れ模様。

唐崎神社の御本殿のそばのオガタマノキの下には、
赤くなった実がずいぶん落ちていた。
c0153880_1952720.jpg





c0153880_20493484.jpg





c0153880_19512874.jpg



オガタマノキの花は、
4月の上旬、薄紅がかった白い花を咲かせる。
木が、せいたかのっぽで、高いところに花が咲くので、気付かない人も多い。
随分前になるが、私も、最初は、木の下に落ちていた、花びらを見て、気付いた。
ちいさいが、もくれんの花に似た花で、木の下に行くと、やさしいいい香りがする。

南方系の樹木で、常緑。
ここに育っているのは、自生でなく、記念樹として、植えられたのだと思われる。
冬、大雪のふるマキノのこの川裾の地で、よく適応し、大きくなったなあ・・・と思っている。
by kawasusonomiya | 2012-11-02 20:54 | 植物 | Trackback | Comments(2)

シュウメイギク〈秋明菊〉、キブネギク(貴船菊)の花

家の裏庭で、シュウメイギクが咲いている。
c0153880_20473038.jpg




c0153880_20482749.jpg




ツワブキの葉から、顔を出して咲いていたり・・・
c0153880_205115.jpg


c0153880_20525561.jpg




ぬばたまの黒い実をつけたヒオウギと、コラボで咲いていたり・・・^^
c0153880_20515219.jpg




シュウメイギクの花は、このおよそ、3色。
その中で、赤紫の花のは、別名のキブネギクの名で呼びたくなる。
c0153880_20555183.jpg

                                              (2012.10.31写す)



なぜかというと、
以前、京都の北、貴船の貴船神社に、
キブネギクの咲く頃、参拝した時の印象、思い出による。
貴船の里で見かけたのも、この花の色だった。

授与所で、買ったお土産の日本手ぬぐいの花も・・・。  
c0153880_2105369.jpg




今日は、11月1日。夕方より、冷え込んできて、
今、外は雨が、はげしく、音たてて、ふりしきっている。
上のシュウメイギクの花々は、10月末に、写したが、ブログにアップするのが今日になった。
雨に打たれて、花の時期も終わりそうだ・・・。
いよいよ、晩秋・・・。
そして、今年も、あと2ヶ月と思うと、身が引き締まる思いがする。
by kawasusonomiya | 2012-11-01 21:08 | 植物 | Trackback | Comments(2)