<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旧近江町(現米原市多和田)のオオムラサキ  2012.7.15

いつか、自然の中で、オオムラサキに出会いたいと思っていた。
マキノにも、かつては、生息し、飛んでいたのではないかと思ったり・・・。

7月15日、の近江・オオムラサキを守る会の30周年記念の、
「オオムラサキ自然観察会」に、
思い切って、滋賀県米原市(旧近江町)多和田まで、出かけた。
残念ながら、生息地での、自然な姿はみられずだったが、
会の代表の樋口さんが育てた、オオムラサキや、卵や、幼虫、さなぎを、
生きている姿で、見せていただいた。


オオムラサキは、観察会の場所では見つからなかったので、コナラに、樹液代わりのものをふきつけ、
樋口さんが、羽化させたオオムラサキを放蝶・・・。

雌蝶
c0153880_15355584.jpg





雄蝶
c0153880_15344641.jpg





c0153880_15353370.jpg





c0153880_1635214.jpg





c0153880_15402257.jpg



さなぎ
c0153880_15404179.jpg



エノキの葉を食べてる、幼虫。  背中に、4対の角がある。
c0153880_15411327.jpg



小学6年生の、とてもよかった、研究報告の一部
c0153880_16371352.jpg



ネイチャーゲーム
c0153880_1637313.jpg




今回は、セレモニー中心の感がしたが、
30年の経過や、研究調査されたことや、現在の取り組みなど、見聞させていただき、
初めて、オオムラサキを、見ることが出来、
マキノから、少し遠かったが、
会の人たちとも、少し、お話できて、よかった。
by kawasusonomiya | 2012-07-17 15:41 | 昆虫、その他の生物 | Trackback | Comments(2)

梅雨明け間近、出会った植物から・・・   2012.7.14

トリアシショウマの白い花
c0153880_14493732.jpg




クサレダマ
c0153880_14502557.jpg




ノギラン
c0153880_1451164.jpg




ウスギヨウラクの実
c0153880_14524574.jpg




ヤマグリの雄花と雌花
若緑の小さないがは、まだ、柔らかくて、さわっても痛くない。その先に、雌花がついている。
c0153880_1454425.jpg




ケンポナシの花
c0153880_14554755.jpg




c0153880_14561897.jpg




ヒメミクリ
c0153880_14574350.jpg




ヒツジグサ
c0153880_145842100.jpg





チゴザサの花
c0153880_14593420.jpg




帰途、国道R303を走行中、
黒山を過ぎたあたりで、熊が、目の前を横断するのを、目撃した。
by kawasusonomiya | 2012-07-17 14:59 | 山門水源の森で | Trackback | Comments(1)

合歓の紅い花      2012.7.9

ネムノキの花が、あちこちに咲いている。
好きな樹の花のひとつ・・。

c0153880_1621597.jpg




c0153880_16222349.jpg

by kawasusonomiya | 2012-07-09 16:23 | 植物 | Trackback | Comments(0)

今夜の北斗七星・・・  2012.7.8

以前、知内の唐崎神社の御本殿の真上に、
大きく、北斗七星が、輝いているのを、たしか、見たことがある・・・と思っていたが、
それが、一年のいつ頃だっただろう?・・・と思っていた。

今夜は、晴れていそうなので、ふと、七夕の翌日でもあるし、
星を見に、参道に、出てみた。
鳥居の中にはいると、電灯から遠くなり、自然な夜の暗さに近くなる。

白鳥座が見えた。
そして、御本殿の、右上に、大きく、北斗七星が、見えた・・・!!

唐崎神社の御神紋、三光紋の一つ、「北斗七星」のかたちだ。
10時ころで、もう少し、早い時間、たとえば、8時頃なら、真上に位置していたのでは・・・。

夜の闇に目が慣れてくると、星が、沢山見えてきた。
南の方には、夏の星座、さそり座の上のほうが、ケヤキの木立の上に見えた。
流れ星が、2回、流れた・・・!

電灯のなかった、昔の人は、もっと、すごく、見えていたのだろうな・・・、
そして、今の季節には、北斗七星が、このように、ここで、見えることに、感動した人がいたのではないか。

まだ、梅雨の最中とはいえ、
今夜、晴れたので、こうして見られた・・・^^

ほんのひととき、美しい星空を見上げ、うれしく、楽しかった。


今朝は、大雨、風がおさまり、晴れて、朝から、うちのひとと、宮さんそうじ。
午後は、知内の全戸が出る、浜掃除、川掃除、草刈の日だった。
そのほか、いろいろあって、気がかりもあり、多忙な1日だったが、
今月は、川裾祭〈7月28日、29日〉、おまつりの月だ。

お祭まで、あと、20日・・・。

星空を見上げて、心の疲れが、吹きとんだように、元気になった・・・^^
by kawasusonomiya | 2012-07-07 22:51 | 北斗七星 | Trackback | Comments(0)

雨の七夕に     2012.7.7

夕べは、大雨警報もでたようで、明け方も、激しい雨音がしていた。
日中も、晴れ間がほとんどなくて、外の仕事が出来ず残念だった。
七夕の日だが、夕空は、曇っていて、星は見えそうもない・・。

柿の木の下の、ヤマブキが、返り咲きの花をつけていた。
c0153880_1852057.jpg




c0153880_18504810.jpg




雨がしみこんでいる柿の幹には、苔や、ノキシノブが・・・
c0153880_18522067.jpg



マダケ(真竹)
c0153880_18525752.jpg

by kawasusonomiya | 2012-07-07 18:55 | Trackback | Comments(0)

カガリビソウの花 つづき  2012.7.6

ゆうべから、雨が降りしきっている・・・。
時々、小雨になるが、相当の降雨量になっている。

カガリビソウの蕾は、次々咲いてきた。
c0153880_20153024.jpg





c0153880_2016635.jpg





c0153880_20163130.jpg




窓辺に、カガリビソウと、カワラナデシコと、畑で咲き出したヒャクニチソウを飾った。
元気な花を見て、仕事がはかどった・・・^^
c0153880_2016499.jpg

by kawasusonomiya | 2012-07-06 20:20 | 植物 | Trackback | Comments(2)

カガリビソウが、さわやかに咲き始めて  2012.7.5

c0153880_20192752.jpg

小雨の中、少し風がわたり、
うすむらさきのカガリビソウ(篝火草)の花が、
風にゆれながら、咲き始めている。

なんともさわやか・・・
今年も咲いてくれて、
うれしいよ・・・

c0153880_8194514.jpg

by kawasusonomiya | 2012-07-05 20:23 | 植物 | Trackback | Comments(2)

朝のクモ(蜘蛛)は、良いクモ・・・  2012.7.4

朝のクモは、良し、夕べのクモは、悪し・・・って、
子供の頃、聞いたけど、
なぜだったのだろう・・・?
今の時期、外のあちこちに、大小、さまざまなクモが活動中・・・

朝、洗濯の物干し竿の近くで・・   
c0153880_20102848.jpg






伸びてきた、エケベリア七福神の、花茎のところにも・・・
c0153880_201386.jpg



c0153880_2015525.jpg
by kawasusonomiya | 2012-07-04 20:17 | 昆虫、その他の生物 | Trackback | Comments(4)

知内川、夕暮れの河口付近  2012.7.3

よく、雨が降った。
夕方、6時半頃、雨が、一時止んだ頃の
知内川の河口の様子・・・。
c0153880_20273324.jpg


 



c0153880_20292675.jpg



 


サギたち・・・
c0153880_20281937.jpg

 
  



c0153880_20285335.jpg





アオサギ
c0153880_20291026.jpg






c0153880_20294814.jpg


川の水は、少し増えて、濁流だったが、
魚たちが、泳ぎ回り、はねてたりしていた。
ヨシや、ガマの茂みから、カイツブリの鳴き声がきこえていた。

伊吹山は、見えないが、竹生島が見えた。
琵琶湖、湖上に、
立ち込めていた雨雲が、あがりかけていた・・・。
by kawasusonomiya | 2012-07-03 20:33 | 知内川(ちないがわ) | Trackback | Comments(8)

梅の塩漬けに、赤ジソを入れる  2012.7.3

新鮮な、ちりめん赤ジソが、Aコープに出回る時期になり、
少し多めだが、今年も、3束の赤ジソを買ってきた。

先だって漬けた5キロの梅は、十分、白うめ酢が、あがってきているので、
早速、とりかかった。
シソの葉だけをちぎって、丁寧に、水洗いし、よく、水気を切って、
それから、塩を振って、もんで、あくを出し、あくを捨てる。
また、塩をふって、よく、もんで、出たあくを捨てる。

次に、また、葉をていねいにほぐし、
c0153880_2085740.jpg


今度は、塩漬けの梅の、白梅酢を、しゃもじに3倍ほどかけた。
c0153880_2091758.jpg



そして、また、もむと、今度は、赤紫の汁が出てくる。
c0153880_2093572.jpg



それを、葉と、汁とも、梅の中に入れて、
c0153880_2095213.jpg




今度は、最初より、半分の重さの重石を載せて、
c0153880_2010865.jpg

このあと、カバーして、土用のころまで、暗冷所に置いておく。

で、赤ジソ入れの梅仕事、完了・・^^


雨の中、木に残っていた梅の実
c0153880_20215180.jpg

by kawasusonomiya | 2012-07-03 20:22 | 暮らし | Trackback | Comments(0)