<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大雪だった2月をふりかえって  2012.2.29

2月29日。
今月のしめくくりに、記録的な大雪をふりかえる。


1晩で大雪が積もった2月2日の朝
c0153880_21234954.jpg






c0153880_21251277.jpg





c0153880_21252331.jpg





雪道を散歩中の犬のジョンと、Wさん。
c0153880_21265846.jpg





雪かき中
c0153880_22293176.jpg




雪かき中
c0153880_21281953.jpg




2月3日節分の日。 雪晴れの朝・・・
c0153880_21324987.jpg




c0153880_21311871.jpg





上手に、屋根の雪下ろし中のWさん・・・
c0153880_21343317.jpg





雪で、こわれた藤棚・・
c0153880_21352886.jpg



雪は、断続的に、その後も降り積もって、雪かきの日はずっと、続いた。
家の大屋根の雪下ろしは、たいへんなので、とりかかることなく、
様子を心配しながらも、日数を経て、なんとか、危機脱却・・・。
雪は、少しずつ、少なくなり・・・  
2月20日
c0153880_21362790.jpg



今日は、澄んだ青空の下、陽ざしが温かかった。
それでも、雪が緩んだ昼過ぎ、
雪かきのつづきをしたが、
凍り付いていて、なかなか、力が要る。
今日は、2度も、汗だくになった・・・。

明日から、弥生3月。季節が巡っていく。

うれしい春になりますように・・・♪
by kawasusonomiya | 2012-02-29 21:44 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

雪解けと、雪かきと、小さなたのしみ  2012.2.22

今日は、朝から晴れて、気温も上がり、
雪解け推進日・・・

つまり、凍てついたところが、緩んだ頃あいに、
雪かきをしていって、
日の当たっている、除雪した地面にちらかして、
生活に必要な場所の雪解けの推進をはかる・・・。

汗だくになって、広い場所を、お日様の方向を見ながら、じゅんぐり、
雪かきをがんばった。


小さな楽しみは、


菜 の  花 が咲いたこと・・・♪
c0153880_17243181.jpg

 「花より団子」という言葉があるが、ここではさしずめ、
  「おひたしより、菜の花」・・・・・^^
c0153880_17241088.jpg



窓辺のヒヤシンスも、少し、背が伸びたような・・・
c0153880_17271043.jpg




外の雪は、まだ、窓のところまで、かさ高い。
早く、春が来るといいね・・・
c0153880_17283536.jpg

by kawasusonomiya | 2012-02-22 17:29 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

吉田山にて つづき  2012.2.19

吉田山は、神楽岡の地名のとおり、山というより、丘のよう・・・。
山の上の木立の中に、
茂庵」さんがある。
c0153880_10272588.jpg



c0153880_1027577.jpg




私たちの席からは、窓の外に、「大文字」が見えた・・・
c0153880_20492794.jpg

反対側の席は、窓の外に、京都の町並みがひろがり、
西の愛宕山まで眺められる・・・。


さて、ランチをいただく・・・

c0153880_1029840.jpg








ホットのユズジュース。器のマットにも、大文字の刺繍・・・^^
c0153880_20444395.jpg





c0153880_2045363.jpg





古い和風の落ち着いた2階建てのおうちで、
季節を感じられる、閑かな、たたずまい。

大正の頃、茂庵は、広い茶苑だったようで、
お茶室の跡地らしいところもあった。
詳しくは知らないのだけれど、
今も、茶室が2箇所残っていて、お茶会もされているよう・・・。



すてきなところだった ♪
また、機会があったら、お寄りしたい・・・

More
by kawasusonomiya | 2012-02-21 20:41 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

京都 吉田山 吉田神社へ  2012.2.19

この間の日曜日、雪の朝、京都まで、出かけた。
姪たちが、神楽岡の吉田神社にお参りするというので、
私も一緒に、吉田神社へ・・・。

東大路通りを上がって、京大病院や、京大の建物が両脇に見えてきたら、
東一条と、標識のあるところで、右に入ると、
吉田神社の表参道入り口に着いた。

さわやかな、手水舎・・・
c0153880_17365253.jpg



「手水舎(てみずしゃ)」 、 こどもでも、よくわかる書きかただなあと思って・・・。
c0153880_17371099.jpg



まっすぐ、吉田神社本殿前に行き、参拝した。
本殿のところでは、写真を撮らなかったので、画像はない。
御朱印と、御札をいただき、
彼女達は、おみくじを引いて・・・。

c0153880_17524385.jpg



歴史にも出てくる、吉田兼倶が(1488年)造営した、
斎場所 大元宮
c0153880_18105534.jpg




改修されているが、特殊な形体の社殿で、重要文化財(旧国宝)。
毎年、節分には、特殊神事が行なわれ、大変多くの人々が参拝されるとのこと。
c0153880_18102120.jpg



本殿参拝後、末社を巡って、境内吉田山の三角点(標高105メートルくらい・・?)まで、
木立の中を歩いた。

今朝は、このあたりも夕べの雪が積もっていたらしく、
吉田山の高い木々の雪が、時々凍った雪玉になって、
ばらばらと、頭上に落ちてくる。
でも、晴れて、空気は、さわやかで、とても気持ちよかった・・!

さて、もう一つ、楽しみだったのは、 吉田山の上にある「茂庵」さんでの、昼食。

以前、雑誌MOEで、絵本カフェ特集の時、紹介されていたので、
覚えていたのだが、初めて訪ねた・・・^^

「茂庵」さんでのひとときは、
次回に・・・♪

御朱印のこと
by kawasusonomiya | 2012-02-21 18:24 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

あられ、かきもち   2012.2.18

今日のおやつは、
ひさしぶりに、かきもちとあられを
油で揚げて、塩をふった素朴なもの。
アツアツで、いただいた・・^^

c0153880_2114168.jpg




窓から眺めた、真っ白い雪・・・。
きれいだ・・・けど、
雪、止んでほしいなあ・・・

c0153880_2111293.jpg

by kawasusonomiya | 2012-02-18 18:29 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

茶房 一笑   雪の金沢で・・・2.

北陸の大雪のため、
行きの特急サンダーバード17号は、
運行が1時間あまり遅れたが、
金沢は、マキノに比べると、少し雪は少ない。
でも、訪れる人たちのために、雪かきは、ずいぶん、がんばっておられると思う。


雪降る中、古い街中を歩いていて、
偶然に入った茶房で、
思いがけず、ゆったりとお茶の時間を愉しませていただいた・・・♪
c0153880_13154829.jpg


はじめに、3時間ほど水出ししたという、加賀棒茶をだしてくださり、
c0153880_1319447.jpg



少し、待つと、注文した温かい酒まんじゅうと、
一人ずつ、温かい急須に入った加賀棒茶を、運んでくださった。
c0153880_13205650.jpg



c0153880_1321928.jpg


美味しかった。
よかった、ここに来て・・・^^


c0153880_13213134.jpg


添えられていたアセビの小枝、私のほうには、椿の葉だった。
(部屋のコーナーに花活けの、花材のひとつだったり・・・)

可愛い、起き上がりこぼしは、「伝票のかわりです・・・^^」と、置いておられた・・
c0153880_13214588.jpg




お店の名前は、茶房 一笑
という。
元禄期の加賀藩を代表する俳人、小杉一笑からつけられたよう・・・。

小さなしおりに書かれていた、小杉一笑の辞世の句。




「 心から 雪うつくしや 西の雲 」






c0153880_13345665.jpg


More
by kawasusonomiya | 2012-02-15 13:29 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

雪の兼六園  金沢で・・1.

先日、金沢に出かけたとき、訪れた兼六園
雪吊りの景色
c0153880_11415649.jpg



唐崎の松
c0153880_11422755.jpg




c0153880_11424082.jpg


霞が池
c0153880_11444710.jpg



日本最古と呼ばれている噴水。  霞が池を水源としていて、自然の水圧で、上がっている。
c0153880_114562.jpg

by kawasusonomiya | 2012-02-15 11:48 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

また、雪降り・・・    2012.2.8

また、雪がふっている・・・。
松や、梅や、クスノキ、竹など、大枝が雪で折れている・・・。

三本松も、また、雪もよう・・・
c0153880_084143.jpg




「また」の言葉を、タイトルいれると、3回も・・・、
使いすぎですね・・・^^
立春は過ぎても、
マキノでは、雪は、まだ、しばらく、しかたないです。


でも、春の足音は、もうすぐ、どこからか、聞えてきそう・・・♪
春が来るまで、お気をつけて、お元気で・・・。
c0153880_8335726.jpg

More
by kawasusonomiya | 2012-02-09 00:15 | 植物 | Trackback | Comments(4)

屋根からせりだした雪!  2012.2.6

2月3日の大雪が降りやんだ後、
1階の屋根の雪がせり出して、
今までの屋根落ちの雪と、くっついてしまった。

c0153880_11284123.jpg



台所の窓から見ると、こんな感じ・・・
c0153880_11292720.jpg



ここまでのことは、はじめてだ・・・
c0153880_11305865.jpg



外側の表面は、ふんわりして、やわらかい。
中は、しっかりしまった雪で、内側の表面は、凍りついていた。
c0153880_11412228.jpg




c0153880_11413822.jpg



村の年配の人と話していたら、
「そうなった時は、えんを切っとかんなあかん。屋根がいたんでしまうさかい・・。」と、・・・。
経験されてるんですね。

あちこち、宮さんの中も、家の周りも、雪かきを待っているところだらけ・・・。
でも、4日の午後、除雪優先順位2番にして、
裏庭の、雪を踏み込んで、上っていき、
除雪にとりかかった。
c0153880_11313278.jpg


こんなに沢山の雪なら、かまくらでも、彫像でもできそう・・・。
c0153880_114411.jpg


もう、すこし・・・。
削っていると、雪の柱のように見えた・・・
c0153880_1214782.jpg




今日は、2月6日、
次の雪ふる前にと、雪かきがつづいている。
気温が上がって、ほんとに、ほっとする。

夜から、雨のよう・・・、
大屋根の雪が、無事、落ちてくれますように・・・。
by kawasusonomiya | 2012-02-06 11:54 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

節分の朝、ようやく、大雪がやんで   2012.2.3

c0153880_215142.jpg




c0153880_21221399.jpg




c0153880_2143093.jpg






c0153880_216568.jpg



今年の節分は、1メートルを超える新雪の中、
神社の節分祭と、家の初午祭が、一緒の日となった・・・。

ほんとに、
神職の神事は、大変だった。
唐崎神社では、まだ、雪を踏み込んで、通り道を作ったが、
少し離れた、日吉神社の方は、
湖周道路からの道は、全く除雪されていなくて、
もちろん大雪で、車は入れなくて、
ごぼごぼと入っていくしかなかったと・・・。


雪は、好きな方ですが、
参りました。
でも、なんとか・・。

朝、晴れてきたことが、1番の幸い・・・^^
by kawasusonomiya | 2012-02-04 21:35 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)