<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ヨメナ

c0153880_15584681.jpg

草刈のときも、残しておきたくなる野菊。 
うすむらさきの色が、きれいな花。
by kawasusonomiya | 2008-10-25 15:59 | 植物 | Trackback | Comments(0)

コウヤボウキの花

万葉の花で、たまばはき(玉箒)ともいう。


   初春の 初子の 今日の 玉箒
             手に執るからに ゆらく玉の緒      大伴家持


  玉箒(たまばはき)は、昔、初子(はつね)の日に、
      養蚕の蚕の床を掃くのに使った箒だそうだ。


コウヤボウキは、この辺の山野に普通に見られ、桑の木も多い。養蚕も盛んだったようだ。
古代は、製鉄をはじめ、かなり、開けていた土地だから、
この地に生活していた人も、玉箒作って、使っていたのだろうか。

c0153880_144017100.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-25 14:40 | 植物 | Trackback | Comments(0)

鎮守の杜と、ソバ畑 2008.10.24 (知内 唐崎神社)

c0153880_21245893.jpg


c0153880_21253234.jpg

今、知内のこのあたりの田んぼで、稲のあとに、こんなふうに、ソバ畑になっていて、白い花を咲かせている・・・。
c0153880_2126041.jpg



c0153880_21262798.jpg

空の、左上あたりに、薄く、にじがみえるのが、わかるだろうか。
ちょうど、杜の上に、大きな虹の架け橋になっていたのだけれど、
写すタイミングがずれた。残念。また、こんど・・。
by kawasusonomiya | 2008-10-24 21:26 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

秋の木の実  クサギ

c0153880_21165470.jpg

近所の友達が、クサギの実を集めてきた。これで草木染をするって。
c0153880_21221414.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-24 21:19 | 植物 | Trackback | Comments(0)

フジバカマ(藤袴)の花

c0153880_1652689.jpg

アサギマダラと。

c0153880_17323746.jpg

c0153880_1733756.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-24 17:33 | 植物 | Trackback | Comments(0)

アサギマダラとツワブキの花

10月中旬になって、フジバカマが咲き始めた。フジバカマの咲くころ、やってくる蝶アサギマダラは、今秋も、見かけたが、以前のように、たくさんは、飛んでこなかった。
今日、ツワブキの花が咲き始めた。下の写真は、2005.10.25に、撮影のもの。
c0153880_19121550.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-21 19:12 | 昆虫、魚、生物 | Trackback | Comments(0)

朝日のころ 知内川裾で   2008.10.15

c0153880_17532736.jpg

この朝は、伊吹山の南すそからの日の出。
 
c0153880_17535316.jpg


c0153880_17542035.jpg


c0153880_17544685.jpg


c0153880_17551264.jpg


西の空に、有明の月・・・・ひむがしの・・・・かえりみすれば、月かたぶきぬ・・・?)
c0153880_175673.jpg



c0153880_17572425.jpg
c0153880_1758370.jpg
c0153880_17583362.jpg


c0153880_17585955.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-19 18:00 | 知内川、川裾、知内浜 | Trackback | Comments(0)

秋の木の実 4  甘柿  2008.10.11

甘柿が、あかくなってきた。

このあいだ、サルが、数頭やってきて、がさがさしていた。甘柿は、まだ、青く、
渋柿で、あかくなっていた木に登って、渋柿を、すこしをかじっては、地面に、投げちらかしていた。知内は、浜で、山ふもとの家の人たちに比べると、サルの被害は、ぐんと少ないのだけれど・・・。

でも、早速、やってきたのは、サルたちでなくて、ヒヨドリと、ムクドリで、
ちょっと、ほっとした。
c0153880_19152419.jpg



ヒヨドリたちは、かしこい。

去年だったと思う。
毎日、数羽でやってきて、熟した柿を、1こずつ、なかまみんなで、順繰り、つついて、食べていたのだ。
1羽が、つついてたべているあいだ、その次に食べるヒヨドリは、すぐそばの枝まで来ていて、ほかのは、あちこちの枝で、飛び交いながら、順番を待っていた。

あちこちで、それぞれ、勝手に、ばらばらに、食べ始めることをしない。1個を、みんなで、たべおえると、次のを、つつきはじめたのだった。

台所のまどから、よく見えるので、わたしは、その様子に気づいたとき、つくづく、感心した。

今秋も、そんなふうにして、ヒヨドリたちが、柿を食べに来ている。

c0153880_1915464.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-11 19:15 | 植物 | Trackback | Comments(0)

秋の木の実 3  2008.10.9

サネカズラの実は、まだ、緑。
c0153880_2024823.jpg
c0153880_2032228.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-08 20:03 | つる植物 | Trackback | Comments(2)

秋の草の実 1   2008.10.7

ヒオウギの黒い実。
万葉集に歌われている、ぬばたまは、この、漆黒で光沢のある、種子のこと。
c0153880_20184428.jpg

by kawasusonomiya | 2008-10-07 20:16 | 植物 | Trackback | Comments(0)