カテゴリ:植物( 466 )

キンポウゲ科 ウマノアシガタ 2017.5.7

c0153880_22004817.jpg
20代の頃、北アルプスの雪倉岳、白馬岳を、朝日岳まで縦走したとき、
雪渓の脇に、ミヤマキンポウゲの花々が広がっていて、心躍りつつ、山歩きした思い出がある。

里にも、同じキンポウゲ科のこの花が、
今の季節に、あちこちに、咲いていて、
よく、花の名前を問われる。

c0153880_22014021.jpg
c0153880_22012626.jpg
                                   今日の画像は、唐崎神社境内の杜の中・・・

                                   光沢のあるキンポウゲ(ウマノアシガタ)の花が、
                                   一面に咲いて、太陽の光に輝いていた。



c0153880_22103365.jpg

シャガの花
c0153880_22101810.jpg
                                   マムシグサ
c0153880_23104939.jpg
c0153880_23105994.jpg

by kawasusonomiya | 2017-05-07 22:06 | 植物 | Trackback | Comments(0)

アマドコロ 生命の息吹  2017.4.26

落ち葉を押し上げて、
紅い芽を出していた、アマドコロ。
先だっての雹に傷んでいるのもあるが、
今、葉を広げ、
白い花が、垣間見えているのもある。
c0153880_08570700.jpg



そのそばでは、シャクヤクの芽も、茎をのばし、葉を広げ、
その葉で守られるように育った小さな蕾が、そっと、のぞいている・・・

c0153880_09130507.jpg



ジュニヒトエも、たくましく・・・
c0153880_09133526.jpg


追記
アマドコロ花盛りの頃  2017.5.7

c0153880_20161007.jpg




by kawasusonomiya | 2017-04-26 09:06 | 植物 | Trackback | Comments(0)

桜、ただいま、満開・・・^^  2017.4.14

マキノも、桜が満開を迎えた。
明日の土曜と日曜は、マキノの海津大崎の桜の名所では、一方通行の規制がある。
もう、数日前から、沢山の人が訪れて、賑わっている。

唐崎神社の桜も、満開。
c0153880_23142093.jpg
c0153880_23143975.jpg
境内では、桜の花と、紅い椿の花と、一重の山吹の花が、同時に咲いている。
c0153880_23142914.jpg

by kawasusonomiya | 2017-04-14 23:17 | 植物 | Trackback | Comments(0)

桜、満開に近くなって・・・   2017.4.12

c0153880_22361410.jpg
c0153880_22362409.jpg
ゆうべ、雨風が強かったので、クスノキの葉は、参道に沢山落ちたが、
桜の花は、満開に近くなってきて、
                  枝に、ふんわりとして、散っていなかった。
c0153880_22364225.jpg
c0153880_22392739.jpg


by kawasusonomiya | 2017-04-12 22:57 | 植物 | Trackback | Comments(2)

コブシの花、雨の中で、一気に咲きだす  

家の裏のコブシが、昨日、雨の中で、いっきに、花ひらいた。
c0153880_22464155.jpg
c0153880_22394079.jpg
この画像は、今朝の雨上がりの様子。
c0153880_22372813.jpg
c0153880_22371871.jpg



唐崎神社境内のハクレンは、まだ、つぼみ、
もうすぐ・・・咲きそう・・
c0153880_22485934.jpg

by kawasusonomiya | 2017-04-12 22:47 | 植物 | Trackback | Comments(0)

境内の桜(ソメイヨシノ)、開花 2017.4.8

今日の雨上がりに、
唐崎神社境内のソメイヨシノがようやく開花した。

c0153880_21275991.jpg
c0153880_21290470.jpg




日本さくら百選に選ばれている、海津大崎の桜並木も、同じように、ようやく、開花していることだろう。
今度の4月15日、16日(土、日)は、海津から、大浦の方への琵琶湖沿いの道路が一方通行に、規制される予定。

by kawasusonomiya | 2017-04-08 21:32 | 植物 | Trackback | Comments(0)

境内の桜、明日にも、開花しそう… 2017.4.7

今朝の新聞には、大阪で桜が満開の写真。
夕方のテレビのニュースでは、大津の琵琶湖疎水の桜が、5分咲きで、ライトアップとのこと。

唐崎神社の境内の桜(ソメイヨシノ)は、
毎年、海津大崎の桜と、同じ開花状況になるが、
今日は、暖かく、午後の雨あがりには、ピンクに色づいた蕾が、今にも開花しそうに膨らんでいた。
明日には、開花しそう・・・。
c0153880_23222441.jpg
単の山吹も・・・
c0153880_23243210.jpg
木瓜の蕾も・・・
c0153880_23244420.jpg
c0153880_23250532.jpg

by kawasusonomiya | 2017-04-07 23:27 | 植物 | Trackback | Comments(0)

早春の木々の花、満開に  2017.4.3

c0153880_15385834.jpg
4月に入っても、残雪が残る山からの風は冷たいが、
風のない日は、4月らしい陽気の中で、
雪折れの、枝切や、その片付けが続く。
近所のWさんが、沢山の、竹の雪折れを整理してくださっている。
昨日は、主人と2人で、ムクゲや、百日紅や、さくらんぼの木の大枝や、
アジサイや、やまぶきの、雪折れを片付けた。
さすが、足場の悪いところでの1日作業は、こたえたが、
足のリハビリは、よい方へ向いているので、多少の痛みは気にせず、頑張った。

家の雪害の方は、先日、ひどく壊れた家のトイを全部やり替えてもらった。
今日からは、雪で壊れた小屋の屋根や、家の瓦の工事をしてもらっている。

梅の花は散って、
早春の木々の花が、にぎやかに咲いて、まわりを明るくしてくれている。


                           参道の寒緋桜

c0153880_15390874.jpg


サンシュユ(山茱萸)と椿

c0153880_15400531.jpg
c0153880_15394466.jpg


c0153880_15393255.jpg
マメザクラ
c0153880_15401229.jpg
ジョウビタキをみかけた!まだ、いたんだね。
灯籠のてっぺんにとまっている・・・^^
もうすぐ、北の方へ、帰っていくのかな?
c0153880_15454899.jpg
少し、下の方の端っこへ移動↓
c0153880_15451272.jpg

by kawasusonomiya | 2017-04-03 15:46 | 植物 | Trackback | Comments(0)

早春の木々の花、ようやく咲き始める 2017.3.24

雪の残る山からの風は、とても冷たくて、寒いけれど、
例年より、遅めだが、お彼岸も過ぎ、
春の陽ざしを受け、陽だまりでは、早春の花が咲きだした。


沈丁花(ジンチョウゲ)
c0153880_15214775.jpg
サンシュユの木も・・・
c0153880_15231663.jpg
c0153880_15230701.jpg

さくらんぼの木の花も・・・
c0153880_15224854.jpg
c0153880_15225704.jpg
さくらんぼの花の咲き始めた枝の横では、
               雪折れのさくらんぼの木や、ヤマブキが、大変なことになっているのだけれど・・・
c0153880_15241806.jpg


小鳥たちは、よくやってくる。
画像は、ペアでやってきた、シジュウカラ。
c0153880_15234216.jpg
c0153880_15235085.jpg
c0153880_15240303.jpg
c0153880_15232614.jpg
足元では、リュウキンカの花が咲きはじめ、
長い間、雪の下だった場所に、ニリンソウの葉が、元気に顔を出して・・・
c0153880_15351040.jpg


by kawasusonomiya | 2017-03-24 15:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)

フユイチゴの赤い実  2016.12.5

フユイチゴが、裏庭のはしっこで、今年も、沢山、実をつけている。

c0153880_20254709.jpg




c0153880_20250978.jpg




c0153880_20252561.jpg
今日は、穏やかに晴れた。
白菜を4株、根元で十字に、切込み、4つ割りして、洗い、
半日干して、夕方、塩で、下漬けした。



More
by kawasusonomiya | 2016-12-05 20:33 | 植物 | Trackback | Comments(0)