カテゴリ:身近な自然、景観( 155 )

ほたるの宿 2008.6.14

この小川べりの、草や、ヤマブキや、竹が、ほたるたちの昼間のお宿に復活のようす。

うちの人にきくと、昔はそれは、いっぱいのほたるだったという。ミソギ川という、この川、飲み水にも使っていたり、あさ、 おてんとうさんをみながら、顔をあらったりして、くらしに密着し、それはきれいな川だったそうだ。明治のはじめごろ、知内川の洪水のあと、消えていたときがあり、そのあと、又、復活させた小川でもあったので、村の人は、新川とも呼ぶ。

ゲンジボタルたちの光の群舞、とてもきれい!今夜はご近所さんとたのしんだ。お孫さんたちとほたるをさがしにきた、Nさんたちとも、合流して。写真でお見せできないのが残念ですが。
c0153880_21161485.jpg

by kawasusonomiya | 2008-06-14 20:50 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

2008.4.6桜開花(マキノ町知内 川裾宮唐崎神社にて)

1ヶ月前は雪かきをしていたけれど、ようやく、当地も、ソメイヨシノ開花。
去年は、ウソという小鳥がたくさん来て、つぼみを食べたので、花が、少しでさびしい咲き方だったが、
今年は、紅いつぼみが、いっぱい!。満開のときが楽しみだ。

やまぶきの、つぼみも膨らんできた。
うれしい春のおとずれ・・・。
ムクロジや、ネムノキは、まだまだ、冬木立のままだけど、
おいしそうな、山野草や、若草が、
萌えいずる 春になった。
c0153880_16123027.jpg

c0153880_16125771.jpg

by kawasusonomiya | 2008-04-06 16:14 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)

春の雪の朝2008.3.6

朝、雪がやんで、明るい陽が差したら、田んぼの雪の表面が、ぬくもり、しろいもやがさーっとたちこめた。境内からみた、箱館山方面。
c0153880_22182583.jpg

宮さんの裏側より。遠方の山はマキノの赤坂山、明王禿方面
c0153880_2221988.jpg

by kawasusonomiya | 2008-03-07 22:32 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(1)

豪雪 2008.2.18

ここ数日で、豪雪になった。70センチはある。吹き溜まりは、85センチを超えている。重たい雪で、着雪しやすい。ゆうべ、大雪の中、職場から、何とか、帰宅。でも、今朝は、後ろのタイヤが動かない。もちろん、4輪駆動で、スノータイヤ。午後、レッカー車が、来てくださって、修理に。雪かきは、連日で大変、体にこたえる。でも、雪景色はきれい。

c0153880_21101383.jpg

c0153880_21115038.jpg
by kawasusonomiya | 2008-02-18 21:21 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

積雪の中

連日、ゆきふりで、参道は鳥居まで、除雪車が入ってくださっている。35センチから、吹き溜まりでは、50センチのところもある。木の枝の雪が、きれい。ハゼの木は、枝が上を向いて、ヤマブキは、枝がたれて、と、木によって、ちがっておもしろく思う。
c0153880_21563273.jpg

c0153880_21573934.jpgc0153880_2224886.jpg
by kawasusonomiya | 2008-02-16 22:05 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)