カテゴリ:身近な自然、景観( 149 )

早春から 雪の舞い戻りへ  2017.3.7

               春を待つサンシュユのつぼみ   3月7日  みぞれの降る、晴れ間に
                                               
c0153880_21341371.jpg

もうすぐ、花ひらくね・・・^^
c0153880_21343080.jpg

                     雪折れしたの白梅の枝だが・・・><
c0153880_11185212.jpg
その垂れ下がった、枝先に咲いていた、梅の花の清楚なこと・・・
c0153880_11190231.jpg
松の幹にも、青々としたノキシノブ・・・
c0153880_11192412.jpg
c0153880_11195048.jpg
c0153880_11202252.jpg
雪が解けて、蕾をつけた茎が伸びてきた水仙・・・
雪折れしていたのもあったが・・・。
c0153880_11203954.jpg
11:20ごろ・・・
c0153880_11300322.jpg

しかし、夕方からは、
山から雪を運ぶ大風が吹き、冷え込んできて、雪が舞い戻り、夜は雪・・・

17:10ごろ
c0153880_11302551.jpg


3月に入って、家の周りの積雪も、
だんだんに、とけてきた。
夜の間に、凍てついてしまうので、
おひるごろの、表面が緩んだころ、
残っている場所を少しずつ、雪かきしていく。
積雪の後には、度重なる暴風、風雪の時の落ち葉や、雪折れの枝が、沢山出ている。
ほとんど雪が消えるまでは、とりあえず、集積しておく。
この後片付けは、相当の量になり、範囲が広いので大変な作業になる・・・


昨年秋ごろから、不調の私の足。
今は、寒い時期なので、年末に静脈瘤の手術をした左足も、不調で、
両足とも、歩行時に痛み、
しゃがんだり、正座などは、痛くて、できない状況。
歩くたびに、いつも、痛みが呼吸や、頭に伝わるので、元気がそがれてしまう。
なんとか、よくなりたくて、
o病院のG先生に診ていただき、3月3日から、週1日、リハビリに通うことにした。

ところが、3月1日の朝、氷つた雪の上で、転んでしまい、呼吸も苦しいくらいの激痛に襲われた。
しばらく、立ち上がることもできなかったが、何とか、窓際まで行って、必死で家人を呼んだ。
幸いにも、助けを呼ぶ声を聞きつけて、来てくれて、何とか、家に入ることができた。
救急車を呼ぼうと言ってくれたが、動くには、あまりの痛み。
ともかく、暖かくして、安静に休ませてもらった。
携帯だけは、取ってきてもらって、そばに置き・・・。

夕方、H医院に連れて行ってもらい、レントゲンで、足の異常を検査してもらい、
幸いにも、骨折していなかったので、ほっとする。
その後、安静にしているうちに、この分の痛みはなおってきた。
家では、つたえ歩きや、車のついた学習椅子を使って、移動。
外では、ほうきや、シャベルを杖に、足元に気をつけて、できる範囲で、動いた。

予定の3日、主人に運転してもらって、はじめてのリハビリに行く。
足の膝の上の筋肉がなくなってきていて、ひざ下を支えきれなくなってきている。
まず、その筋肉の回復を今週は目指すことになった。
そのための宿題をもらって、帰宅。
でも、その要領が、もうひとつわからず、上手くできない。
次回は、課題はちゃんと理解できるまで、聞いてこなくてはと反省。
ともかく、自己流で、膝の上の筋肉をつけたいと取り組む・・・
陽ざしが出てくると、陽ざしを浴びたくて、外へ出て、外仕事のうち、できることをする。
今日は、7日で、だいぶ、ゆっくりと、歩けるようになった。

花瓶にさしておいた、雪折れのサンシュユの花が、家の中で咲いた。
水仙も、雪で折れていたのを家の中で、活けてみた。

早春の明るい息吹をいただいた。
c0153880_11402355.jpg


c0153880_21395110.jpg

c0153880_11403392.jpg

by kawasusonomiya | 2017-03-08 11:35 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

知内川裾 唐崎神社 雪の記録3   2017・2・12



今日は、初午祭。
天気は、晴れたり、雪降りしきったり、また、雪晴れになったりのくりかえしだった1日・・・。
午後出かける予定だったが、降りしきる雪のため、断念。


画像は、大雪の今朝、ひととき、明るく晴れて、ひろがっていた時の雪景色・・・。

朝ごはんの片付けもそのままに、心誘われ、
ポケットに、デジカメを入れて、外に出て、知内川の方へ行ってしまった。
膝までの長めの長靴だが、雪が入ってきそうになりながら、思いが先走って、ごぼごぼと、何とか、白鷺橋まで行った。
c0153880_21405430.jpg

白鷺橋
c0153880_21424368.jpg
c0153880_22170612.jpg
竹生島
c0153880_21411190.jpg
c0153880_22174753.jpg

c0153880_21413631.jpg



水鳥3羽、オオバンたちかな?
c0153880_21414875.jpg

知内川、大川橋、赤坂山方面


c0153880_21421644.jpg




朝の唐崎神社参道
c0153880_21530392.jpg

c0153880_21113490.jpg
神社の前の道は、消雪が、完備されている。
c0153880_21155715.jpg
ミソギ川(新川)
c0153880_21163295.jpg

家の前
c0153880_21533628.jpg

by kawasusonomiya | 2017-02-12 21:44 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

また、雪降り積む・・・   2017.2.11

c0153880_15452380.jpg
また、窓より高く雪が積もった・・・
c0153880_15453601.jpg
朝から、高島市  大雪警報・・・
雪かき仕事続く。
夕方から、会議に出るので、
車と、その周りは、朝から、除雪。
出かけられるだろうか・・・?
雪は降り続いているものの、
気象予報より気温が少し高いようなので、
大丈夫か・・と思うが、心配。



追記
夜、9時過ぎに、無事帰宅。

雪は止んで、風もなく、ほとんど満月のような月の光に照らされて、
静かで、あかるい、 雪月夜の世界だった・・・

しばらく、外で、見とれていた・・・
・・・美しかった!


c0153880_23101117.jpg
c0153880_23102100.jpg
                                       画像では、うまく撮れなかったけれど・・・
                                       


by kawasusonomiya | 2017-02-11 15:47 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

大雪警報下の ほんのひとときの雪景色  2017.1.24

今日も、一日、大雪警報が続いている。
マキノの小学校も中学校も休校。
明日も、生徒の安全のため、高島市の小学校中学校の休校の放送があった。

朝から降り続いた雪が、少し、小やみになったお昼前、
境内や社殿の様子が心配で、宮司と共に、雪かきの服装をして外に出た。

そして、ほんのひととき  晴れ間に出会った。

c0153880_20080066.jpg
c0153880_20082576.jpg
雪かき中・・・
c0153880_20154014.jpg
私は、足の痛みを抱えているので、長い参道の雪かきは断念。
シャベルを杖代わりに、長靴でゆっくり、雪を踏みこんで、踏み分け道にしていく

こんな感じに・・・♪
c0153880_20203515.jpg
宮さんは、今日のところ無事。大雪だが異常なし。
c0153880_20121298.jpg
遥拝所の石は、雪に埋もれて・・・
c0153880_20114909.jpg



エノキの枝についたヤドリギ
空を見上げて、深呼吸。きれいな空気が気持ちいい・・・
c0153880_20112186.jpg




c0153880_20113454.jpg

とてもいいタイミングでの雪かきと境内のパトロールだった。




c0153880_20111157.jpg

知内区の除雪車は、石橋の前まで、今日も早朝と、昼間と2回除雪に来てくださった。

午後には、また、断続的に雪が降りつづいた。






by kawasusonomiya | 2017-01-24 20:23 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

今朝は、大雪の中・・・   2017.1.23

今、(午前10時30分)
高島市には、大雪警報が出ている。

高島市からは、朝から、時々臨時放送が入る。
10時頃の放送によると、国道303号では、藺生から、小浜方面熊川あたりまで、大雪で、通行不可。
国道161号では、新旭町で、通行不可のところが出ているらしい←これは、お昼頃解除

雪は、降り続いていて、どんどん積もっていく。

c0153880_10211678.jpg


今朝、目覚めると、すでに、外は、大雪になっていた。
c0153880_10230114.jpg
6時頃、知内区の除雪車が、来てくださっていた。
そして、大雪の中、新聞も配達してくださっていた。
こんな大雪の早朝に・・・!と、感謝の思いでした。

                      ↓6時半ごろ
c0153880_10233083.jpg
c0153880_10235978.jpg


座敷の外の庭の根松に、雪がこんもりとなってきたので、
先ほど、長靴と、竹ぼうきをガラス戸の外に出して、
枝が雪折れしないように、落としてあげた。

その時、雪の深さを竹ぼうきを逆さにして測ってみたら、
柄の部分の長さほど、1メートルはあった。
雪は、ふわふわで、結晶も見つかるくらいの軽い雪・・・、
はらはらと落ちた。
c0153880_10221197.jpg


c0153880_10223297.jpg










by kawasusonomiya | 2017-01-23 10:38 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

今日の陽ざしに、積雪ゆるみ、紅梅が咲き始める・・・   2017.1.18  

c0153880_17544849.jpg
朝、凍てついて、カンカチだった積雪も、午後3時ごろには、暖かな陽ざしにゆるんできた。


手水のところに、つけておいた梅の枝の蕾が紅く膨らんでいた
c0153880_17535929.jpg

梅の木を見上げると、紅い梅の蕾がふくらんでいる。
  その中に3つ、花が開いているのを見つけた
c0153880_17550766.jpg
c0153880_17551649.jpg


松の根元では少し土が見えて
c0153880_17553274.jpg
松の日陰では、雪はとけず、凍り付いていても、ノキシノブは、青々と元気で・・・
c0153880_17554155.jpg
家の中でも・・・
梅が開いた・・♪
c0153880_17560327.jpg

c0153880_17555275.jpg



by kawasusonomiya | 2017-01-18 18:01 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

清々しい元旦に   川裾宮  唐崎神社 2017.1.1

平成29年1月1日 酉

新年あけましておめでとうございます。

未明5時、まだ暗い中、拝殿で、宮司は、新年の始まり太鼓をたたく。
そして、唐崎神社の歳旦祭斎行。続いて、飛び地にある日吉神社の歳旦祭斎行。
そして、家の中の神棚や、たまやさん、庭のお稲荷さんでも、歳旦祭のお供えと、祝詞を上げる。

その後、弱い雨が降ったが、しばらくして、雨は上がり、
8時前頃、初日が境内にも差し込んだ。
雨上がりの清々しく、明るい元旦の朝になった。


参道横の柿の木には、ヒヨドリをはじめ、
小鳥たちが、飛び交っていた
c0153880_22494799.jpg


参道入口
c0153880_22471610.jpg


初日の光に・・・
c0153880_23383654.jpg


朝日が当たって、参道に鳥居の影が・・・

c0153880_22514750.jpg


拝殿前  
c0153880_22521067.jpg

c0153880_22523311.jpg
c0153880_22535810.jpg
受付所前
c0153880_22562441.jpg




雨上がり 庭の松の緑に水玉が光る・・・!
c0153880_22440350.jpg

c0153880_22454710.jpg

c0153880_22461190.jpg

c0153880_22455734.jpg
この清々しい明るさ・・・
この新しい1年が、よい年でありますように・・・。






by kawasusonomiya | 2017-01-01 23:23 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)

今朝は、里の初雪に  2016.12.28

夕べ、雪おこしのような大風が吹き荒れて、
今朝がた、うっすらと積雪になった。
里での初雪に・・・。


今日は28日。今年最後の唐崎神社の月次祭を、今朝、宮司が斎行。
c0153880_20412281.jpg
ご本殿の玉垣のそうじをしていたら、イヌガヤの実が落ちていた。
c0153880_20465665.jpg

可愛い実。赤と緑のまるい実がくっついていて、
赤い実の方は、食べたことがあるが、おいしい!

緑のまるいのは、種になり、地面に落ちると、芽を出す。
昔のこどもたちは、この赤いところがおいしいのを知っていて食べていたと言う。
c0153880_20472989.jpg

見上げると、イヌガヤの葉の間に、実が見える・・・。
c0153880_20480227.jpg



c0153880_20474596.jpg
毎日、お正月に向けての諸準備が続いて、いそがしい・・・。
11月末より足を痛めて、
正座ができなくなり、歩くのも、痛みを伴うので、かなり難儀だけど、
できるだけ、冷えないようにして、なだめなだめ、頑張っている。

明日は、晴れ間がありそうなので、
幕出しや、手水舎の水替え、掃除や、宮さんのトイレの掃除など。
それに、お正月料理の買い出し・・・。
30日は大祓。
31日大晦日は、除夜祭です。

c0153880_21221140.jpg
オモト(万年青)
c0153880_21223598.jpg
雪は、少しちらついていたが、午後にはやんでいた。
境内の木の下に、万年青(オモト)の実が顔を見せていた。
元気印の赤い実が光っている・・・

来年は、どんな年になるのだろう?
今年抱えていた、いろいろな、難題が少しずつ、よい方向を見いだせていけますように。

いろいろ、精いっぱいで、途絶えがちだったこのブログを、
見に来てくださっていた皆様、
ありがとうございました。

新しい年が、皆様にとって、健やかな、幸せな年でありますように、
心から、お祈り申し上げます。





by kawasusonomiya | 2016-12-28 20:45 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)

身近な場所の秋景色   2016.11.16

唐崎神社 境内で
c0153880_21485791.jpg

c0153880_21492338.jpg
c0153880_21493918.jpg
 剣熊を車で通った時の、秋景色
c0153880_22105920.jpg
c0153880_22103232.jpg

by kawasusonomiya | 2016-11-30 22:11 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)

雪晴れの朝 知内浜で見た蜃気楼  2016.2.25 


夕べ、雪がまた降り始め、
今朝は、春の淡雪のような風情。
よく晴れて、青空が広がり、日の光に、雪はすぐに溶けていきそうな・・・。
日が昇る頃、気持ちよさそうな、イカルのさえずりや、
キジバトの鳴き声が家の中まで、よく聞こえていた。

私は、昨日から重い課題を抱え込んでいて、
ほとんど眠れず、元気が出ないので、
思い切って、久しぶりに、浜に出てみた。
c0153880_22531771.jpg
伊吹山は、青がすみ・・・、
雪はかなり解けて、水鳥たちが、のんびりしていて、
穏やかな浜辺だった。
    

知内川、知内浜 
c0153880_22543189.jpg




海津集落方面
c0153880_22591409.jpg




    比良山系  真ん中のピークは、武奈ヶ岳。その右側は、蛇谷ガ峰の山姿。
c0153880_23012278.jpg

竹生島。湖水の輝いている向こうの山々は、鈴鹿の山々・・・霊仙岳、御池岳
c0153880_23001760.jpg
  


そして、琵琶湖の東側に見えた 蜃気楼
8:48頃

c0153880_23110402.jpg


c0153880_23094947.jpg
c0153880_23114203.jpg
c0153880_23133601.jpg


澄んだ湖水・・・
c0153880_23144752.jpg

c0153880_23170088.jpg
朝の太陽の光が、みるみる雪を溶かしていった。
暖まった、澄んだ空気の中で、
私は、元気を取り戻した。
抱え込んでいる課題も、
少しずつ、良い方向へ
整理していけますように。








by kawasusonomiya | 2016-02-25 23:18 | 身近な自然、景観 | Trackback