さるすべりの並木に 花咲いて

ここは、マキノ町中庄。  田んぼの中を通っている道路の サルスベリの並木。
真ん中より左の細長く白っぽい建物が、JR湖西線の近江中庄駅。そのうしろが、箱館山。
c0153880_167131.jpg
c0153880_1691373.jpg

c0153880_20183917.jpg


このあたりは、知内。   唐崎神社のうしろの湖周道路にて。
ここで、ちょうど正面にある山は、蛇谷が峰という。少し、あおがすみで、はっきり見えませんが、朽木では、オグラスと呼ばれて、信仰の対象となっていた山。タカの渡りが見られる風のとおり道。  その、左は、比良山地では1番の標高の武奈が岳の山姿。
冬になると、晴れた日は銀色に光って、美しい山。
c0153880_1620212.jpg
 

さるすべりのむこうは、知内川の土手で、そのうしろは、赤坂山方面、ガレているところが、明王禿。

看板。 このあたり、車で通る人たちからも、とても、いい景観のところと云われている。看板も少なかった。最近、目立つ看板が、増えてきたのは、少し気がかり・・。
c0153880_16221052.jpg

c0153880_16223859.jpg

by kawasusonomiya | 2008-08-22 16:10 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/9514251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< きれいないろ! カシワバアジサ... タカサゴユリの花 2008.8.22 >>