梅雨期の境内に、ヤブカンゾウの花が咲きにぎわう 2016.7.14

ヤブカンゾウ
c0153880_16155429.jpg
c0153880_16141395.jpg
知内川川裾の唐崎神社の境内(鎮守の杜)は、
春から梅雨の時期にかけて、いろんな野草の花や、木々の花が咲きにぎわう。
いつも、このブログで紹介している、植物や蝶などの昆虫は、
特に、「おでかけ」とかで、場所を明記している場合以外は、
この境内(川裾の杜)での画像です。

先だっての、ヒオウギズイセンや、今日の画像、ヤブカンゾウの花も、この川裾の杜、唐崎神社の中で、
毎年、出逢う花たちです。


c0153880_16142851.jpg

c0153880_16164073.jpg
c0153880_16153004.jpg
c0153880_16161541.jpg
c0153880_16183562.jpg
  
ヤブカンゾウが、群れ咲いてるそばの、ヒオウギズイセン
c0153880_23293390.jpg
c0153880_23315822.jpg

by kawasusonomiya | 2016-07-15 16:31 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/25793302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by namiheiii at 2016-07-16 10:34
生き生きとしたヤブカンゾウですね。これらの花は植栽されたものも多いのでしょうね。
Commented by kawasusonomiya at 2016-07-18 21:24
> namiheiiiさん
今年は、境内のあちこちに、ヤブカンゾウの花が早めに咲いて、賑わっていました。
これらは、植栽されたものでなく、自生のものです。このところ、昨年、今年と、100年を超えたくらいの黒松の大木が、松くい虫により、枯れてしまって、伐採されたので、日あたりが急によくなって、ふえてきて、花数が多かったように思えます。昨日、お祭り前の宮掃除で、草刈が行われ、ほとんど刈り取られました。そして、秋のお彼岸前には、そこに、だれが植えたのでもなく、沢山の彼岸花が出てきます。
<< 伊吹山、サラシナショウマが、群... 7月の花(梅雨の頃) ヒオウギ... >>