ヒラタケの群生  2016.1.26

c0153880_22033770.jpg
今日はよく晴れて、
先日の雪は、ほとんど消えた。
屋根落ちの雪や、日陰に残っているが、
生活道路や、車道なども、全く、支障はない。

さて、先日の雪が降った後に、
枯れたクヌギの木に、ヒラタケが群生しているのを見つけた。

c0153880_22040622.jpg
c0153880_22043457.jpg
c0153880_22052504.jpg
美しいです・・・
c0153880_22031668.jpg
c0153880_17325476.jpg





by kawasusonomiya | 2016-01-31 22:06 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/25247417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by namiheiii at 2016-02-01 11:00
これは凄い!生命力、力強さを感じます。これが微生物だなんて!
Commented by kawasusonomiya at 2016-02-03 17:28
> namiheiiiさん
こんにちは。ヒラタケ、すごいでしょ。ここに、このきのこが出てくるのに気づいて、この冬で、3年目くらいです。
コクワガタや、蝶、カナブンたちが、集まってくるクヌギでしたが、
カブトムシを、夏、毎夜、採りに来る人たちがいて、
たくさん、採ろうと、樹液以上に、虫寄せの何か液体を塗り付けるようになって、
黄色スズメバチもたくさんやってくるようになり、
そのうち、元気だったクヌギでしたが、枯れてしまいました。

枯れてしまったことを悲しみましたが、そのうち、枯れた木に、アカゲラを、見かけることがありました。そして数年、冬に、ヒラタケが群生して出るようになりました。
少し、採取して、キノコの特徴を見て、ヒラタケに間違いないと思っています。キノコに、詳しい山門水源の森の友人のIさんにも見てもらい、同定してもらいました。
すこし、食べてみましたが、とても、美味しく思いまし^^。
ヒラタケの好きな人なら、大喜びすると思うのですが、
うちの主人は、怪しんで、どうしても、食べる気になってくれませんでしたが・・・。
それにしても、こんな風に展開していく、自然の営みは、すごいですね。枯れ木も大切に、できれば残しておきたいと思います。
<< ヒヨドリ   2016.2.2 ようやく、本格的な積雪となった... >>