節分の朝、ようやく、大雪がやんで   2012.2.3

c0153880_215142.jpg




c0153880_21221399.jpg




c0153880_2143093.jpg






c0153880_216568.jpg



今年の節分は、1メートルを超える新雪の中、
神社の節分祭と、家の初午祭が、一緒の日となった・・・。

ほんとに、
神職の神事は、大変だった。
唐崎神社では、まだ、雪を踏み込んで、通り道を作ったが、
少し離れた、日吉神社の方は、
湖周道路からの道は、全く除雪されていなくて、
もちろん大雪で、車は入れなくて、
ごぼごぼと入っていくしかなかったと・・・。


雪は、好きな方ですが、
参りました。
でも、なんとか・・。

朝、晴れてきたことが、1番の幸い・・・^^
by kawasusonomiya | 2012-02-04 21:35 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/17401490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nageire-fushe at 2012-02-05 13:54
本当に降りましたね。
あまり雪が降らない地に住んでいる自分には
美しい世界であり、雪の反射する光までも美しいです。
でもやはりお住まいになられていると、色々とご苦労も
あるのでしょうね。
Commented by kawasusonomiya at 2012-02-06 12:15
乾燥注意報が出てる地域の様子を見ると、
同じ、冬の季節ながら、ぜんぜんちがいますね。

しっとりして、雪晴れの朝は、とても気持ちのいい空気が満ちています。
大雪は、木の枝も折れるし、建物も心配になるし、
雪かきは、重労働ですが・・・、

でも、深呼吸して、おいしい空気を、いただいて、
汗をかきつつも、がんばって、
夜は、おふろで、あたたまって、痛いところを癒し、
すてきな春を待っているところです・・・^^
<< 屋根からせりだした雪!  20... 大雪警報、そして、雪かき  2... >>