心に残る 皆既月食!!  2011.12.10

12月10日の夜の皆既月食は、
とても、美しく、心にのこっている・・・。

月齢は、14.9。
夜8時頃、ほとんど満月の光が白く、明るく、さしていて、
ちょうど、お泊りになる親類の人に、皆既月食のことを聞いた。
10時半頃、玄関の外に出て、ちょっと、見たときは、
三日月くらいになっていた。

そして、夜中 11時半頃に、
外灯の光のほとんど届かない、
足元が真っ暗な、裏庭まで、出て行って、
みんなで、見た。

南西の夜空、
オリオン座の上に、高く上がった月は、
すっかり、地球の影に入って、少し、神秘的な赤みを帯びた丸い影ぼうし・・・、
そして・・・、月の光がなくなった夜空は、
たくさんの星の輝く世界・・・!

口に出た歌は、下のうたの一部分・・・^^

「♪月なき み空に きらめくひかり
  ああ その星影  希望のすがた
  人智は果てなし 無窮の遠(おち)に
  いざ その星影 きわめも行かん・・・

  
  雲なき み空に 横とう光
  ああ 洋々たる 銀河の流れ
  仰ぎて 眺むる 万里のあなた
  いざ 掉させよや 窮理の船に

            「 星の界(よ) 」       コンバース作曲 杉谷代水 作詞  

風はなく、澄み切った、
み空と呼ぶにふさわしい夜空の、
月と星々の世界
寒さも忘れて、真っ暗闇の中に、立ちながら、
しばし、みんなで、見入っていた・・・

きれいだった・・・!
すばらしい、天体ショーだった・・・

一緒に見た人たちとの、
楽しい思い出にもなった・・・。
by kawasusonomiya | 2011-12-12 16:46 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/17197455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サネカズラの赤い実  2011... マキノの山々も初冠雪  201... >>