ミゾソバの花  秋の小川で    2010.11.13

秋も深まり、高島しぐれがよく降り、
近くの小川は、さらさらと、澄んだ流れ・・。
ミゾソバの花の季節。
c0153880_21174575.jpg



c0153880_21182935.jpg


紅白混じって、咲いている。
c0153880_2119983.jpg



c0153880_21192945.jpg



小川をのぞくと、メダカくらいの大きさの稚魚が、
陽のあたる流れのところで、たくさん集まって、元気に泳ぎ回っていたよ・・・♪
c0153880_21195063.jpg

by kawasusonomiya | 2010-11-13 21:23 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/15450399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nageire-fushe at 2010-11-13 21:31
美しい小川ですね~~~
子供の頃には当たり前の風景でしたが
いまやメダカの泳ぐこんな小川は
絶滅状態なのですよね。
美しいですね。
Commented by shizenkaze at 2010-11-13 21:58
ミゾソバはタデ科の中でも可愛い花ですね・・・・・
こちらではなかなか見られません
ヒメツルソバなら何処にでも生えているのですが~><

メダカを川で見なくなって随分になります・・・・・
調べるために救ってみればオイカワやウグイの稚魚の事が多く、カダヤシやグッピーまで生息しているので在来メダカが少なくなる訳ですね・・・・・
趣味でメダカを増やしている人が多くなりましたね?
そういう人達が手を組んでメダカを自然界に戻す事に協力してくれればいいでしょうね・・・・・
その前に住める場所を確保しないと駄目なんですね・・・・・^^
Commented by kawasusonomiya at 2010-11-14 18:57
nageire-fusheさん、こんばんは。
身近な場所に、
こんな、岸辺を持つ小川が、まだ、残っていることを、
私も、とても、貴重なことだと思っています。
このとき見たのは、稚魚だと思いますが、メダカもいるようです。

現代では、田舎でも、こんなふうに、
魚が遡上し、どじょうもいるような小川、
岸辺が土手のままで、
四季に野の花が咲くような小川は、
本当に少なくなりました。

今の子供たちは、昔ほど、川で遊ぶことは少ないようですが、
美しい小川の風景を、次の世代にもそのまま、残せますように!・・・と、
願っています。

Commented by kawasusonomiya at 2010-11-14 19:15
shizenkazeさん、ミゾソバを、なかなか、見られなくなっていると、きいて、こんなに、ありふれた花なのに・・・と、驚きです。

田んぼのおわったあと、小川がミゾソバで埋まるくらい広がって、毎年、可愛い花を咲かせています。

ヒメツルソバは、庭先に咲かせているお家がありますが、
この辺では、まだ、野生化はしていないようです・・。繁殖力がとても強いそうですね。

こちらでは、メダカは、まだ、なんとかいます・・・。
ずっと、メダカが生息し続ける小川や、地域であってほしいと思います。
<< 紅葉の山門水源の森で 1.  ... サネカズラの実   2010.... >>