コブシの若木  2010.9.10

境内の広場の端に、
コブシが芽を出して、
今、5メートルを越すくらいになった。

この夏、日照りつづきの猛暑の中で、
この、コブシの若木も、
がんばっていた。

青々とした、たくさんの緑の葉が、
枯れはじめ・・、
地面に落ちた。

いや、コブシは、
下の方の枯葉を、地面に落とした(というべきか・・・)。
c0153880_201747.jpg



c0153880_20222076.jpg



c0153880_2023053.jpg



c0153880_20231888.jpg


台風のもたらした恵みの雨のあと、
枝先の葉と、木の芽が、しっかり息づいている。
大丈夫、後は引き受けたよとばかり・・・。
c0153880_20233630.jpg



根元の落ち葉たちも、
根元を守り、少しずつ、培養土に、変化していくのだろう・・。
(私も、見守っているよ・・・♪)
by kawasusonomiya | 2010-09-10 20:32 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/15100336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nageire-fushe at 2010-09-11 07:48
植物の必死な姿です。何ともけなげでもあります。
そして人間にもこう生きなさいと言うメッセージを
自らの姿で表現しているのかもと感じます。
Commented by kawasusonomiya at 2010-09-11 20:17
本当に、そのいとなみに、感心させられます。自然界の摂理を、少しずつ、まなんでいます。
そのまなんだことを、生かし、生かされて、
私達も、生きていこうよ・・と、思います。


以前、竹やぶの横に、大きな、コブシの木が毎年春に、白い花を咲かせていたのですが、大きな工事の後、枯れてしまい、残念な、さびしい思いをしました。
この、若いコブシが、たくさん花をつけるまで、10年くらい先でしょうか、
成長を楽しみにしています。
nageireさん、コメントありがとうございました。
<< 葛の花   2010.9.17 9月らしくなった朝  2010... >>