ツマグロヒヨウモンのカップル   2010.8.29

猛暑の中だが、季節の移り変わる中、
セミをはじめ、生き物達は、さかんに活動している。
裏のホトトギスの葉には、
ルリタテハが、せっせと、たまごを生みつけに来る。
もう、やわらかな先の葉や、蕾を、食べ始めている幼虫が何匹もいる。
ユズの木には、クロアゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハが・・。

境内の広場では、
ツマグロヒヨウモンのカップルを見かけた。
c0153880_21431724.jpg



c0153880_2142624.jpg



c0153880_21434633.jpg



c0153880_2144642.jpg



これは、ダイミョウセセリ?
「野外ハンドブック2 蝶 山と渓谷社」によると
ダイミョウセセリは、関西型と関東型とあって、
連続して分布しているのに、福井県や、滋賀県で突然、関東型から、関西型に変わるらしい。

でも、これは、関東型のようだけど・・?
c0153880_21513050.jpg

by kawasusonomiya | 2010-08-29 21:51 | 昆虫、その他の生物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/15033367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 稲刈り始まる   2010.8.30 初秋の小川  2010.8.28 >>