立春過ぎれど 2010.2.16

曇り空の日が続く。夕方、雨が、雪混じりになっていた。
下の写真、真ん中あたりにいるのは、シラサギ。
岸辺の緑の草は、ハマダイコンなど・・・。

c0153880_22115775.jpg


c0153880_22121149.jpg


  





気分転換に、
コカリナを久しぶりに持ち出して、吹いてみた。

早春賦。春は名のみの、風の寒さや・・・♪とか、

桜草の歌・・♪とか。(これは、埼玉の荒川に自生する桜草を歌った曲)

七つの水仙・・・・・♪とか。

   (コカリナは、木でできた笛で、オカリナに似た優しい音色の笛。
      下のソプラノコカリナは、左から、
         イタヤカエデ、エドヒガン、クルミの木から作られている。)
c0153880_2375799.jpg

by kawasusonomiya | 2010-02-16 22:19 | 身近な自然、景観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawasuso.exblog.jp/tb/13750872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雪の華 2010.2.17 メタセコイヤの並木 2010.... >>