彼岸花  2016.9.23

お彼岸の頃になると、不思議に、ヒガンバナが満開になってきて、
毎年見られる境内の草地だけでなく、去年まで見なかったところに、花が咲いて、ひろがっていく。

種でなく、球根で育ってきているように思うが、
飛んだ場所に咲きだすのは、どういう仕組みなのだろう?
c0153880_19263584.jpg
c0153880_23055312.jpg
c0153880_23061863.jpg


梅林で。梅の木々のあいだに、ヒガンバナが次第に広がってきている。
c0153880_19271529.jpg
c0153880_23064600.jpg
 
クスノキの根元で咲くヒガンバナ・・・
c0153880_19283760.jpg



# by kawasusonomiya | 2016-09-26 23:08 | 植物 | Trackback | Comments(0)

よく雨が降って・・・2016.9.21

今年の夏は、日照り続きで、大変猛暑が続き、
畑の花や、作物は、すべもないほど、枯れ枯れの状態になった。

ところが、8月の終わりごろから、台風の影響もあって、
よく雨がふり、時には、大雨洪水警報がでるほどだったが、
畑の菊や、ヒャクニチソウや、ハナトラノオなどや、さつまいもなどは、このごろ、生き生きとよみがえってきた。

c0153880_22490244.jpg
それで、お彼岸のお墓参りには、畑の花のきれいなのを切り花にして、お供えすることができた。
c0153880_22510241.jpg
  
 枯れんばかりだった、2本のイチジクの若木も、元気になり、実をつけてくれた。
c0153880_22561815.jpg



# by kawasusonomiya | 2016-09-26 22:58 | 畑仕事をはじめて・・・ | Trackback | Comments(0)

キチョウ、熱心にミモザの若葉に産卵中  2016.9.19

c0153880_15330397.jpg
ずいぶん沢山、あちこちのミモザの枝先の若葉に、1つずつ、キチョウが産み付けた、
白い少しとんがった小さな卵
c0153880_15345728.jpg

ひとしきり産卵すると、今度は、サワギキョウの花のところで、蜜を吸う。
c0153880_15361377.jpg

まわりで、雄蝶がひらひらと、つきまとうが、ひたすら蜜を吸っている雌蝶。
雄蝶の方は、みつをすうことなく、雌蝶を追いかけてばかり。
       そのうち、2頭で、くるくる、回りながら飛び去った。
c0153880_15360112.jpg








# by kawasusonomiya | 2016-09-20 15:56 | 昆虫、その他の生物 | Trackback | Comments(0)

ホオノキの実が紅く色づいて 2016.9.14 

境内の若いホオノキの黄緑色だった実が、紅く色づいた。


c0153880_21095362.jpg
c0153880_21101102.jpg

c0153880_21104960.jpg
弾けて、赤い種を落とし始めているのもある。
c0153880_21111362.jpg





コブシの実も、紅くなりだしてる。
c0153880_21131455.jpg


柚子の実は、まだ、緑だが、少しずつ大きくなってきた。

c0153880_21155404.jpg
c0153880_21161600.jpg




ダリア
# by kawasusonomiya | 2016-09-14 21:18 | 植物 | Trackback | Comments(0)